FC2ブログ

H29.9月度定例会報告

2017.09.30.07:18

1-1-1.jpg


スキンケア講習に続き第二弾

「食物アレルギー ~緊急対応~」について

いつもお世話になっている
アレルギーエデュケーターの渡木綾子先生が
「アレルギー症状が出た時いざどう対応するか」に的を絞って
お話してくださいました

エピペン

エピペン

アレルギー児が誤食すると命にかかわることがあります
そのため、私たちアレルギー児の親や本人は万が一に備え
いつもかばんに
非常薬(エピペン、吸入、内服薬など)を持ち歩いています
(0.15mg、0.3mg本人の体重によって変わる 15kg以上から)

3-1_20170930161226cd6.jpg

エピペンはアドレナリン自己注射薬ですが
まだ小さい子どもだと怖がったり暴れたりするので
複数で協力しないと打てません
子どもをおさえる人、エピペンを持ってくる人、救急車を呼ぶ人・・・
いざどう動くか?内服のタイミングは?
ロールプレイングも交え
細かく一つ一つチェックしました

4-1-1.jpg

5-1-1.jpg

エピペンを打てるのは1度限りです
その1回をミスすることなくいかに確実に打つか

救急車要請の際のポイント、
不安な子どもを安心させるために
「大丈夫だよ、楽になるからね」という声掛けなど
「打つ」という行動以外にもたくさん大切なポイントが
ありました

エピペンを打てば安心というわけではなく、
持続時間は10~15分(⇔しか持たない)、ぶり返す時もある
ので打ったあとはすぐに医療機関へ

エピペン所持している⇒重症⇒給食が一切食べられないわけではなく、
特定のアレルギー物質においてということです

エピペンを使わずにすごせたらそれが一番ですが
何よりのお守り いざというときに備えましょう!

貴重なお話をありがとうございました



スポンサーサイト
プロフィール

姫路食物アレルギーの会「オリーブ」

Author:姫路食物アレルギーの会「オリーブ」
姫路にある食物アレルギーを持つ子供とその家族で構成されています。

「食べられない」=「かわいそう」ではなく
アレルギーで悩む家族の不安を取り除き、アレルギーを持つ子供も楽しく笑顔で過ごせることを願っています。

【活動内容】
月に1回程度「情報交換、テーマを決めたおしゃべり会」「講演会」などしています。


入会、定例会参加ご希望の方、お問い合わせは、メールにてご連絡をお願いします。

アドレス:
shoku_alle_olive@
yahoo.co.jp

Instagram:
shoku_alle_olive

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR