FC2ブログ

エピペン自主回収

2017.03.17.09:25


エピペン自主回収の情報です。

製薬大手ファイザー(東京都)は13日、
生命にかかわることもある急性アレルギー症状、
アナフィラキシーになった際に使う注射薬「エピペン注射液0・3ミリグラム」の
一部に針が正常に出ないなどの不具合が見つかり、
国内で出荷した5974本を自主回収すると発表した。

同社によると、この製品は太ももに押し当てると
内蔵された針が出てくる仕組みだが、
海外で針が出ずに正常に接種できなかった例が
2件報告された。国内で同様の報告はないという。

対象は、昨年1~3月に出荷した製造番号「PS00019A」で、
使用期限が来月末までのもの。
代替製品と交換する。

問い合わせは、
同社の相談窓口(0120・665・766、平日午前9時~午後5時半)へ。


http://www.asahi.com/articles/ASK3F55THK3FUBQU00J.html
スポンサーサイト

「アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針(案)」 パブリックコメント募集中

2017.01.31.16:02

=NPO法人 アレルギー支援ネットワークより=

みんなで声を届けよう!
「アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針(案)」
みんなの声を募集中、締め切りは2月10日まで

2016年12月にアレルギー疾患対策基本法が施行され、いよいよ動き出しました。

厚生労働省より「アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針(案)」
が出され、国民からのパブリックコメントを募集中です。

パブリックコメントは、国民からの意見を取り入れ、政策決定に生かしていきます。

個人的に意見する事はなかなか届きません。

指針(案)を読み、不足している事や、ご意見など、声をあげていきましょう!

公募要領を読み、患者家族の意見を提出しましょう。

一人ひとりの意見を、たくさんの方々が提出することが必要です。
ご協力お願いします。



「食物アレルギーでも楽しくお出かけができる本」発刊です!

2015.09.15.23:16

チケットや出版を取り扱うぴあ株式会社から、
『食物アレルギーでも楽しくお出かけできる本』が発刊されます!
ぴあの取材力と、専門医 伊藤浩明先生のタッグによって実現しました。
皆さまのレジャーに大いに役立つはずです!

9月17日に発売予定ですので、ぜひ本屋さんでもチェックしてください。
★主な内容
・全国テーマパーク&レジャースポットの食物アレルギー対応
・全国外食チェーン店の食物アレルギーの対応
・食物アレルギー対応の旅行へ行こう!
2015年9月17日発売、全国の書店、ネット書店にて
本体1,200円+税

旅行本


インターネット・アレルギー大学のご案内

2015.07.27.09:23

アレルギー大学


オリーブで以前防災の講演をしてくださった中西さんが
運営をされているアレルギー支援ネットワーク主催の
インターネットアレルギー大学のご案内です。

小さいお子さんがおられる方、遠方の方など食物アレルギーを
自宅で体系的に学べる「全国唯一の講座」です。

「診察の時に先生が言われた話はこのことだったんだ!」
「エピペンはこうやって使うんだ!」などなど
実践的な話が多く保護者も勉強になります。

愛知、静岡、三重、新潟、沖縄、京都、岐阜、千葉では
先生の講義を直接聴講できる
アレルギー大学もあり、
栄養学、保育、医学の観点からアレルギーについて勉強できます。


***************

以下HPより抜粋

保育・幼稚園・学校・保健所・病院・食品メーカー・外食産業・地域などで
食物アレルギー対応食(給食)の献立・調理、栄養・保健看護指導、
アレルギー対応商品の品質開発に携わっている方、
そしてアレルギーをお持ちの方やそのご家族をサポートする
立場にいる方々へアレルギーの知識や調理技術など
専門性を高めるための講座です。

イナビルなどで乳製品アレルギーの注意喚起-PMDA、評価中のリスク情報公表

2015.07.26.21:51

イナビルなどで乳製品アレルギーの注意喚起-PMDA、評価中のリスク情報公表

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、医薬品の評価中のリスク情報を公表し、
抗インフルエンザ薬のイナビル吸入粉末剤20mg(一般名ラニナミビルオクタン酸エステル水和物吸入剤)と
リレンザ(ザナミビル水和物吸入剤)について、「乳製品アレルギーの患者に対する注意喚起」を促した。

 これらの医薬品は、添付文書での「使用上の注意」の改訂につながる可能性があるとして
PMDAが着目しているもので、PMDAはあくまでも評価中の情報であることから、
患者が自己判断で服薬を中止したり、用量を減らしたりしないよう求めている。

 このほか、PMDAは、▽抗造血器悪性腫瘍剤の
ポマリストカプセル1mg、同2mg、同3mg、同4mg(ポマリドミドカプセル)には
「肝機能障害、黄疸」▽悪性胸水治療剤のユニタルク胸膜腔内注入用懸濁剤4g
(滅菌調整タルク注射用)には「間質性肺疾患」▽経口鉄キレート剤の
エクジェイド懸濁用錠125mg/同500mg(デフェラシロクス錠)には
「消化管穿孔」―なども評価中のリスク情報として挙げた。
プロフィール

姫路食物アレルギーの会「オリーブ」

Author:姫路食物アレルギーの会「オリーブ」
姫路にある食物アレルギーを持つ子供とその家族で構成されています。

「食べられない」=「かわいそう」ではなく
アレルギーで悩む家族の不安を取り除き、アレルギーを持つ子供も楽しく笑顔で過ごせることを願っています。

【活動内容】
月に1回程度「情報交換、テーマを決めたおしゃべり会」「講演会」などしています。


入会、定例会参加ご希望の方、お問い合わせは、メールにてご連絡をお願いします。

アドレス:
shoku_alle_olive@
yahoo.co.jp

Instagram:
shoku_alle_olive

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR